通話内容をAIが要約して記録 葬儀社の問合わせ応対に「音声認識できるくん」を導入

多くの分野でAIが活用されています。どのような技術が必要か、どのように使われているか、記事を読んで、見つけ出すことが学びの一つです。「すごいな」と感じるだけではなく、自ら作ってみることがこれからの開発者のあるべき姿だと思います。先生も万能ではありません。わからないこともあります。そんなとき、生徒と一緒に学ぶ姿勢が重要です。新しい技術なので、学ばないといけない物がたくさんあります。